HOME>トピックス>自由度が高いのでグレードを下げることもできる

明確にすることは難しい

家族

注文住宅を建てる際はトータルの金額を知る必要があります。自由度の高さが売りですが理想の家を多く実現すると簡単に予算を超えてしまいます。人生での大きな出費なので相場を予め把握しておきたいニーズはあります。建売住宅は完成品なので価格は明確ですが、注文住宅はそうはいきません。オーダーメイドの注文住宅は世界に一つしかないオリジナルの家なので条件次第で大きく金額が変わります。依頼先や敷地、断熱工法の有無や設備面などありとあらゆる点が選択肢となります。自分の家に沿った相場をつかむのは容易ではありません。しかし大まかな価格は調べることはできます。ネットで三島市と検索したらおおよその相場は把握できるでしょう。

安くて高品質も可能

一軒家

注文住宅の価格は数千万円単位になります。費用を抑えつつ品質のいいマイホームを手にいれるコツはあります。まずは三島市の土地探しですが土地だけでも1000万円はかかります。許容範囲を決めて土地を探してみましょう。売れ残りや駅から少し離れた土地は安く販売されています。値段を抑えるのであればコストパフォーマンスの良い土地にしましょう。注文住宅は構造を複雑にすると費用が割り増しになります。できるだけシンプルにすることで費用を抑えられます。外観はコの字よりも真四角のほうが柱や壁の数を減らせるのでお得です。水回りのグレードを抑えるのもコツです。キッチンやユニットバスのグレードを安くするといいでしょう。有名メーカーでなくても安くて品質の良い設備があります。

広告募集中