注文か建売か選ぶ際のポイント

男女

今の日本では様々な価値観や感性が尊重される時代になっています。それは日常生活だけではなく、三島市の住まい選びにも見られるようになっています。一戸建てというと建売住宅が当たり前という時代が長くありました。新築の建売住宅では、最新鋭の機器や建具が備え付けられ、素晴らしい動線設計で必ずや快適な生活を実現させてくれると信じてやまない人が多く、固定概念もありました。しかし実際住んでみると、暑さ寒さといった寒暖差が激しかったり、ホルムアルデヒドなどの健康被害を受けるなど問題が見られることも多々あったのが現実です。そこで最近では健康に配慮した注文住宅を建築しようと考える人も多くなっています。自分ですべてを選択し、自由に住まいを作っていけるので、アレルギーや健康被害がないような建材を選択し、健康住宅を実現することも可能です。このように先ずは、自分や家族の体にどう作用するか、害をもたらさないかを検討し、建売にするのか注文にするのか判断し選ぶことも大事です。そのうえで、より自分たちのライフスタイルや生活のルーティーンに即した住まいであるかを見極める必要もあります。建売住宅が自分のライススタイルにマッチしないのであれば、注文住宅を選択するとよいでしょう。また外観や内装が建売だと画一的で満足できない場合にも、注文住宅で自由にデザインしていくとよいでしょう。

注文での心得ておくべきこと

部屋

注文住宅を選択した場合には三島市で土地選びから始まり、用いる木材や鉄筋、内装全般に至るまですべて選んで設計していく事が可能になります。しかし建売と違って、拘りだしたり選択肢が多いことで、その分完成までに多くの時間を費やすことを心得ておく必要がありまあす。自分のライフスタイルや体質を考慮し、なおかつ予算を検討したうえでの土地選びは考えている以上に時間がかかります。またフルオーダーの場合はドアノブ一つ、門扉一基を取り寄せしなければいけなくなり、時間とともにそれなりの費用が掛かってくることも覚悟しなければいけません。なおかつ健康住宅を目指し、24時間換気やトリプルサッシ、外壁断熱材などを用いると、建売よりも予算は1.5から2倍程度かかることもあります。自分の自己資金、銀行ローンの借り入れなどもよく考え、普段の日常生活に支障をきたさない予算組みも大事です。もし予算的に厳しい場合は、最優先希望箇所だけは妥協せずフルオーダーにし、他の部分をセミオーダーで対応する方法もあります。また注文住宅の場合は設計士とのコミュニケーションも相当必要であり、自信も不動産や建築についてある程度勉強し知識を持っておくことも大事です。

広告募集中